あの頃ペニー・レインと

あの頃ペニー・レインと

パーソナリティー斉藤洋美がトム・クルーズの「ザ・エージェント」でおなじみ、キャメロン・クロウ監督の自伝的映画『あの頃ペニー・レインと』を紹介。


〈ストーリー〉

舞台は1973年。15歳のウィリアム(パトリック・フュジット)は厳格な母親(フランシス・マクドーマンド)と二人暮らし、目指すは弁護士という優等生

その彼が家出した姉が残していったロックのアルバムに影響され、音楽への思いを書くようになった。その彼の音楽へのピュアでまっすぐな思いは、なんと、かの有名な「ローリング・ストーン」誌まで届くことになり、15歳にして、記事の依頼が・・・。

彼は取材のため、バンドのツアーに同行することになる。そこで見た、ロックの世界。そして、そこで出会った、バンドに全てを捧げている魅力的な女性ペニーレイン(ケイト・ハドソン)への切ない想い・・・。


〈Hiromi’s Eye〉

この映画はトム・クルーズの「ザ・エージェント」でおなじみ、キャメロン・クロウ監督の自伝的映画です。キャメロン・クロウと言えば15歳でローリング・ストーン誌のライターとしてデビューしています。
きっと、誰しも、どうやってそんなチャンスを掴んだのか、そのきっかけを、エピソードを聞きたいにちがいないですよね!

しかも、15歳の頃から、ピーター・フランプトン、イーグルス、ツェッペリン、ニール・ヤングetc・・・という大物ミュージシャンと親しいというのだから・・・、クロウ監督という人はいったいどんな15歳だったのか・・・。

それを今、この映画の中で証してくれました。カッコイイ、ロック少年とはほど遠い。どちらかというとダサイ男の子。
ドラッグやSEXなんか知らなくったって、音楽に向けるピュアで真っ直ぐな心は、誰にも負けない。

そして、何があっても、彼は彼のままだった。それが凄い!
主人公のそんな彼は、全く目立たず、回りの人達を輝かせていました。そっか~、そんな、あなただったから・・・。と頷けるのでありました。


〈みどころ〉

  1. ペニー・レインに扮するケイト・ハドソン!
    彼女の母親は、コメディの女王と言われていた、私の大好きなゴールディ・ホーン。
    笑うとそっくり!21歳の彼女はセクシーなんだけど、あどけなさもあって、最高にチャーミング!
  2. 主人公の15歳の少年ウィリアムに扮したパトリック・フュジット。映画初出演の彼は「どこかおかしくて、ぎこちなくすれたところが全くない」というところが気に入られての起用。

    素朴なパトリック君がいたからこそ、出来た映画と、監督自らおっしゃっています!素朴な彼の演技がかわいい!

  3. クロウ監督に大きな影響を与えてくれた、今は亡き伝説のロック・ライターのレスター・ハングスに「マグノリア」「フローレス」のフィリップ・シーモア・ホフマンが扮しています。カッコ悪い男を演じさせたら世界一と私は思っているこのホフマンがまた良いんだ~!
    カッコ悪いなら悪いなりの頑張り方を教えてくれます!
  4. 厳しい母親に扮しているのが、「ファーゴ」のお腹の大きい刑事役でアカデミー賞,最優秀主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンド。

子供を愛するがゆえの厳しさを醸し出していました。


〈お気に入り〉

それは、なんてたって70年代の音楽がいっぱい登場します。
どうして70年代の音楽って胸がキュンキュンしちゃうんだろう!
70年代の音楽を知っている人も、知らない人もきっと新鮮に感じるはず。
音楽のパワーはすごい!


英題:Almost Famous
監督:キャメロン・クロウ
脚本:キャメロン・クロウ
出演:ビリー・クラダップ、フランシス・マクドーマンド、ケイト・ハドソン、パトリック・フュジョン
音楽:ダニー・ブラムソン
製作年:2000年
製作国:アメリカ
日本公開:2001年3月17日

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間:123分

▼予告編