ポーラー・エクスプレス

ポーラー・エクスプレス
(C)2004 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ロバート・ゼメキス監督・脚本作品。トム・ハンクス、ノーナ・ゲイ、ピーター・スコラリ、エディー・ディーゼンが声で出演の『ポーラー・エクスプレス』をパーソナリティー斉藤洋美が紹介。


〈ストーリー〉

それはクリスマスイヴの夜・・・。
サンタなんて・・・と信じる心がうすれてきた少年の目の前に突然現れた蒸気機関車『ポーラー・エクスプレス』。

「乗るか乗らないかは君の自由だよ・・・」という車掌さん。
どうしよう・・・と迷いながらも、勇気を出して乗り込んだ少年・・・。
サンタのふるさと北極点を目指し、猛スピードで走るポーラー・エクスプレス!

スリル、アドベンチャー、友情・・・、そして北極点で待ち受けていたものは・・・。


〈Hiromi’s Eye〉

「フォレスト・ガンプ/一期一会」「キャスト・アウェイ」のアカデミー賞コンビ、トム・ハンクスとロバート・ゼメキス監督がクリス・ヴァン・オールズバーグの絵本「急行『北極号』」をなんてステキな映画にしてくれたのでしょう♪

アニメーションでもなく、実写でもない・・・。
アニメーションよりも体温や息づかいを感じて、でも実写では絶対に描けない世界が広がっている・・・

それは本当に初めて体験する映像です。
このパフォーマンス・キャプチャーという新しい映像技術は現実なのか夢なのか・・・というその狭間で揺れる不思議な快感へと誘ってくれます。

その快感の中、観る者をポーラー・エクスプレスに乗せ、サンタクロースが住んでいるという北極点までジェットコースター感覚でひとっ飛び!

そのスリル感、たまりませんでしたよ~。
そのスリル感を味わいながら、クリスマスのあったか~い雰囲気にも包まれてしまうのです。

何だか心がとっても洗われて、そして心の中に幸せがいっぱいあふれてくる作品です。
信じるって、すてきな奇跡が起こる秘訣かも・・・。


〈みどころ〉

  • トム・ハンクスが主人公の少年ヒーロー・ボーイをはじめ5役に挑戦しています。
  • 粉雪舞う中、猛スピードで走り抜けるポーラー・エクスプレス。
  • トナカイの大群。
  • クリスマスイヴの北極点・・・、ステキ・・・♪

〈お気に入り〉

ポーラー・エクスプレスの中で、ココアを飲むシーン。
トム・ハンクス扮する車掌さんが、歌いながらココアをみんなにごちそうしてくれます。

サントラがとっても楽しいですよ! トム・ハンクスが2曲歌っています♪

サンタのふるさと北極点が見えてくるシーン。
もうワクワク♪でした。


原題:The Polar Express
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス
原作:クリス・ヴァン・オールズバーグ ”急行「北極号」”
出演:【声】トム・ハンクス、ノーナ・ゲイ、ピーター・スコラリ、エディー・ディーゼン
音楽:アラン・シルベストリ、グレン・バラード
製作年:2004年
製作国:アメリカ
日本公開:2004年11月27日
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:100分

▼予告編