カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家
(C)WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

「モンスターズ・インク」のピート・ドクター監督「ファインディング・ニモ」の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める待望新作!常に多くの驚きと感動を贈り続けてきたディズニー・ピクサーの記念すべき10作目『カールじいさんの空飛ぶ家』をパーソナリティー斉藤洋美が紹介。
初めて人間を主人公にした物語。78才のカールじいさんが、世界で一番大切な最愛の妻を亡くし・・・。愛すること、生きること、そして人生を楽しむことを教えてくれる、世界が絶賛した作品。


〈ストーリー〉

少年時代に出会い、青年時代に愛を誓い、二人三脚で同じ年月を重ねてきたカールとエリー。
二人は素敵な我が家で、老夫婦になっても愛情に満ちた日々を過ごしていました。
しかし、最愛の妻エリーが病に倒れ、78才のカールじいさんはひとりぼっちになってしまいます・・・。

妻エリーとの想い出が沢山刻まれた我が家で、ひとり暮らしていたところ、その家を奪おうとするものが・・・!カールじいさんは、決めました!大切な宝物がいっぱいつまっている家に無数の風船をつけて、家ごと空高く高く飛んで、冒険の旅に出ることを・・・。

妻エリーとの約束を果たすために・・・。


〈Hiromi’s Eye〉

ディズニー・ピクサーの10作品目の主人公は、78才のおじいさんです。
今まで、おもちゃ、小さな虫、モンスター、魚、スーパーパワーのヒーロー、レーシング・カー、ネズミ、ゴミ回収ロボットの気持ちを描いてくれましたが、この記念すべき10作目は78才のおじいさんのいろいろな想い、気持ちが描かれています。

冒険ごっこが大好きだった無口の少年が陽気な少女エリーが出会い、そして結婚し、日々を重ね、気づくと老いて、ひとりぼっちに・・・。
それは人として生まれたからには、多くの人が経験することかもしれません。
老いていくということ、愛する人に先立たれる悲しさ、果たせなかった夢の後悔・・・などなど・・・。
でも、カールじいさんはあることがきっかけとなり(そのきっかけも考えさせられます)そのとても悲しく辛い状況から、抜けだそうと一歩踏みだします。その一歩から素晴らしい冒険へとつながり、辛く悲しい心を解き放つ術を教えてもらえます。

年を重ねた人には勿論おすすめだけれど、小さなお子さんも楽しめるように作られていて、さすが!です。観る方々の年齢、体験によって、それぞれがいろいろな形で感動できるステキな作品です。

そうそう、この作品の原題は「UP」です。この「UP」という原題に深さを感じます・・・


〈みどころ〉

  • 宮崎駿監督もお気に入りという、カールとエリー二人の回想シーン。それだけで、ひとつの映画のよう。
  • もうひとつの主人公は家です。カールとエリーが出会ったのも、愛を誓ったのも、一緒に笑って年を重ねたのも、二人をずっと見守っていたこの家なのです。とても愛おしい家、エリー亡き後もエリーのぬくもりがある家、家っていいな~と改めて感じます。

〈お気に入り〉

  • 無数の風船をつけた家が飛び上がる瞬間・・・ステキです。
  • 家の壁に二人の夢が描かれています。
  • ラッセル君・・・カールじいさんの近所に住む少年。ひょんなことでカールじいさんと一緒に旅することになったんだけれど・・・このラッセル君が・・・良いんです・・・。

英題:Up
監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン(共同監督)
脚本:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン
出演:(声の出演)エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト
音楽:マイケル・ジアッチーノ
製作年:2009年
製作国:アメリカ
日本公開:2009年12月5日
配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
上映時間:103分

2009年カンヌ国際映画祭オープニング作品

第82回 アカデミー賞(2010年)

  • 長編アニメーション賞
  • 作曲賞

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)

  • 最優秀長編アニメーション映画賞

▼予告編