最強のふたり

最強のふたり

(C) 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

パーソナリティー斉藤洋美が実話に基づいて描かれたフランス映画『最強のふたり』を紹介。


〈ストーリー〉

笑いと涙が止まらない。映画史を塗り替えた驚異の大ヒット感動実話。

このふたりに世界が惚れた!

事故で全身麻痺となり、車椅子生活を送る大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、介護士の面接にやってきて、開口一番「不採用のサインをくれ」と、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てという、スラムの黒人青年ドリス(オマール・シー)を採用してしまう。

その日から、正反対の異文化世界の二人が、衝突しながらも交じり合い、そして、お互い偽善を憎み本音で生きる姿勢が、ワクワクの奇跡の人生へと向かうのだが・・・


〈Hiromi’s Eye〉

2011年仏で、口コミで人気が広がり興収No.1に輝き、ヨーロッパ中で大ヒット。すでにハリウッドで、配給権とリメイク権が獲得されているこの作品。

事故で首から下が麻痺した車椅子生活の大富豪と、彼を介護することになったスラムの黒人青年。
絶対と言っていいほど出会うはずのない正反対の二人が出会って、しかも大親友になって、挫折しかかっていたそれぞれの人生が輝きだす。

このおとぎ話のような話が実話なんて・・・。

しかも、シリアスになりがちな、ストーリーなのに、全編ユーモア満載、チャーミングな笑いに包まれているんです。
笑って、笑って、そして、お涙頂戴ではない涙が・・・。

そこには、身分とか、立場とか、置かれている状況を超えた対等な関わりあい方があって、特にスラムの黒人青年ドリスは、どうしてあんなに自然体で誰にでも接することができるんだろう・・・、心を開くことができるんだろう…と、笑いながらも、考えることがたくさんありました。
ドリスがあまりにも、フィリップを健常者と同じくらいの感覚で扱うので、観ている私もフィリップが全身麻痺ということを忘れてしまったくらいでした。
そうそう、フィリップが「彼(ドリス)だけは私を平等に扱う」というセリフがありました。

人生何が起こるかわかりません。
でも、この二人の最強コンビを見ると、何があっても頑張れそうなパワーをもらえます。
でも困難を乗り越えるには、この二人のように、最強のユーモアと、最強の音楽と、最強の掛け値なしにまっすぐ本音で向き合える友人(家族)が必要かも・・・。


〈みどころ〉

  • 異文化音楽(?)の融合。フィリップはショパンやモーツァルト等のクラシックを、ドリスはクール&ザ・ギャングやアース・ウィンド&ファイアーがおすすめで・・・
    特にフィリップがクラシックをドリスに聴かせて感想を言わせるシーン。
  • 介護の訓練のシーン。介護までユーモアで包んでしまうドリスったら・・・。
  • どのシーンもみどころ満載です。

〈お気に入り〉

フィリップの伸びきったヒゲをドリスが剃るシーン。あんなことされたら、どんなに落ち込んでいても笑っちゃうよね。


▼予告編


英題:UNTOUCHABLE
監督:エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ
脚本:エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ルニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
製作年:2011年
製作国:フランス
日本公開:2012年9月1日
配給:ギャガGAGA★
上映時間:113分