シャザム!

Shazam!笑って、笑って、ドキドキして、そしてなんだかほっこりして、元気をたくさんもらえる映画『シャザム!』をパーソナリティー斉藤洋美が紹介。


シャズム!
shazam01
shazam02
shazam03
shazam04
shazam05
shazam06
shazam07
shazam08
shazam09
shazam10
shazam11
shazam12
previous arrow
next arrow
shazam01
shazam02
shazam03
shazam04
shazam05
shazam06
shazam07
shazam08
shazam09
shazam10
shazam11
shazam12
previous arrow
next arrow

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


〈ストーリー〉

3歳の時に、大好きな母親とはぐれてしまい、以来、ずっとひとりぼっちで里親の元を転々としながら、本当の母親を探すんだと、自分の居場所を探しながら生きてきたきたビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)。
そんなある日、ビリーは、謎の年老いた魔術師から「ついに見つけた!選ばれし者」とそのスーパーパワーを突然授けられてしまいます。

そのスーパーパワーとは、「シャザム(SHAZAM)!」と叫ぶと、ヒーローが着るようなマント付きのコスチュームに身を包んだ筋肉ムキムキの大人のシャザム(ザッカリー・リーヴァイ)に 変身し、その頭文字の「S=ソロモンの知恵」「H=ヘラクレスの剛力」「A=アトラスの体力」「Z=ゼウスの全能」「A=アキレスの勇気」「M=マーキュリーの神速」の力を使うことができるのです。

しかし、スーパーヒーローに変身しても中身は子供のまま・・・。
「なんじゃこりゃ〜???」とパニック状態のビリーを救ってくれたのは、里親宅のルームメイトのフレディ(ジャック・ディラン・グレイザー)。実は、フレディはスーパーヒーローのことは全部把握しているほどのスーパーヒーロおたくだったのです。

シャザムに変身したビリーとフレディは、どんなパワーをどんなふうに使えるのか、キャッキャ言い合いながら試していきます。

しかし、そのビリーに授けられたスーパーパワーを狙うドクター・シヴァナ(マーク・ストロング)が登場します。実はこのシヴァナは、ビリーにスーパーパワーを授けた魔術師とかつて遭遇したにもかかわらず、ある心の大罪でスーパーヒーローになるチャンスを逃してしまった男なのです。

選ばれし少年ビリーは「シャザム(SHAZAM)!」パワーをどのように使いこなして戦っていくのでしょうか!
そして里親宅のフレディをはじめとする家族との絆は・・・。


〈Hiromi’s Eye〉

笑って、笑って、ドキドキして、そしてなんだかほっこりして、元気をたくさんもらえます。
コメディー色満載なのだけれど、ただ笑って終わりではなくて、ちゃんとメッセージももらえて、深いな〜と思うところがたくさんありました。

「シャザム!」はDCコミックスのヒーローです。でも、同じDCコミックスのヒーローのスーパーマンやバットマンと違って、ものすごく身近かで愛おしいヒーローでした。
それは、ビリー少年がパワーを授けてもらって「シャザム!」になるんだけれども、ビリーだけだったら、せっかく授けてもらったパワーを使いこなせなかったと思うのです。ビリーのそばにフレディをはじめ、里親宅のファミリーがいたから、「シャザム!」として成長ができたのではないでしょうか。
体が不自由で、いじめられてもポジティブなフレディをはじめ、それぞれ問題を抱えていても温かい里親の元で暮らす家族のそれぞれの個性の力があったから・・・ヒーローになれたと思うのです。
特にフレディの優しさとユーモア大好きです。

そして、7つの大罪(強欲、怠惰、憤怒、色欲、大食、傲慢、嫉妬 )にしばられて、悪の方向へ行ってしまったシヴァナも、ヒーローになれるチャンスはあったのに・・・と、人間の心の中にある善と悪の戦いを見せられます。

人生でうまくいかないことがあった時、人のせいにして7つの大罪を味方にするか、明るくポジティブにワハハと笑いながら進んでいくか・・・ですね。

これから、何かあったら、私も「シャザム!」と叫んでしまいそうです。
それはスーパーヒーローに「たすけて!」と叫ぶのではなくて、自分の可能性に向けて、自分を鼓舞するため、自分の目の前の山を越えていくため、自分に負けないためにに叫ぶ「シャザム!」かもしれません。


〈みどころ〉

  1. ビリー・バットソンに扮するアッシャー・エンジェルが最高!俳優、シンガー、ダンサーミュージシャンで、ディズニーチャンネルの「アンディ・マック」のジョナ・ベック役が有名です。
  2. シャザムに扮するザッカリー・リーヴァイが最高!「She loves me」でトニー賞にノミネートされたり、「塔の上のラプンツェル」でも、マンディ・ムーアと歌った「輝く未来」でアカデミー賞歌曲賞にノミネートされたりといった、歌って踊れる俳優さんなのです。その彼が、心は子供のスーパーヒーローに、目をキラキラ輝かせながら心からはしゃいで演じている姿が、もうおちゃめでたまりませんでした。
  3. フレディに扮するジャック・ディラン・グレイザーの演技が最高!どんなことが起きたって、ヒーローおたくとして明るくポジティブに進んでいる姿に元気をもらいました。
  4. シャザムとフレディが、「ヒーローだし、大人だし・・・」と、「未知なるスーパーパワー」と「大人になったらしてみたいこと」を実験したり試すシーンは大笑い。
  5. 里親宅のファミリーのみんなが本当にステキ!本当の家族ってなんだろうと教えてもらえます。
  6. 最後の最後の最後のシーンを絶対お見逃しなく。


〈お気に入り〉

いろいろな映画へのオマージュが込められています。
「ロッキー」「ハリーポッター」「ロード・オブ・ザ・リング」DCヒーローもいじってます!
クィーンのあの曲も使われてますよ〜!


原題:Shazam!
監督:デビッド・F・サンドバーグ
出演:
ザッカリー・リーヴァイ
アッシャー・エンジェル
マーク・ストロング
ジャック・ディラン・グレイザー
グレイス・フルトン

製作年:2019年
製作国:米国
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:136分
2019年4月19日(金)ロードショー

▼洋美チャンネル facebookページ
https://www.facebook.com/hiromichannel79

▼オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/shazam-movie/

▼予告編