1911

1911
ジャッキー・チェン映画出演100本記念の歴史巨編、第24回東京国際映画祭 特別オープニング作品『1911』をパーソナリティー斉藤洋美が紹介。

(C)2011 JACKIE CHAN INTERNATIONAL CINEMA CULTURAL HOLDINGS LIMITED JACKIE & JJ PRODUCTIONS LIMITED All Rights Reserved.


〈ストーリー〉

ラストエンペラーの時代1911年、中国は欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は衰退する一方だったが、業(ごう)を煮やした民衆たちが立ち上がる。

革命軍を束ねる孫文の参謀・黄興(ジャッキー・チェン)は一気に総督府に攻め込むが、情報が漏れていたため失敗に終わる。

この戦いで多くの尊い命が奪われ、敗残兵となった彼らは次第に戦意を失っていき・・・・。

ジャッキー・チェン映画出演100本記念、「レッドクリフ」のスタッフが贈る本年度最高のスペクタル巨編。

第24回東京国際映画祭 特別オープニング作品


〈Hiromi’s Eye〉


〈みどころ〉


〈お気に入り〉


原題:辛亥革命
総監督:ジャッキー・チェン
監督:チャン・リー
脚本:
出演:ジャッキー・チェン、ジャン・ウー、ウィンストン・チャオ、リン・ポン、ジェイシー・チェン、リー・ビンビン、ユィ・シャオチュン、ジョアン・チェン、フー・ゴー
音楽:
製作年: 2011年
製作国:中国・香港合作
日本公開:2011年11月5日
配給:東映
上映時間:122分

▼予告編