ステキな金縛り

ステキな金縛り
三谷幸喜監督、深津絵里、西田敏行、阿部寛、浅野忠信、草彅剛出演の映画『ステキな金縛り』をパーソナリティーの斉藤洋美が紹介。殺人事件の証人はただ一人、落ち武者の幽霊。三谷映画史上、一番笑えて泣ける最高傑作誕生。

(C)2011 フジテレビ 東宝


〈ストーリー〉

失敗続きの三流弁護士エミ(深津絵里)に、ある被告人(KAN)の弁護が持ち込まれる。妻(竹内結子)を殺した容疑のその男には、完璧なアリバイがあるというのだが、なんとそのアリバイというのが、事件があった夜、旅館の一室で金縛りにあっていたというのだ。

無実を証明できるのは、一晩中、彼の上にのしかかっていた落ち武者の幽霊(西田敏行)だけ。エミは早速その旅館へ向かい、見事、落ち武者の幽霊と出会うことができ、落ち武者の幽霊に頼み込む!「どうか、裁判で証明してください!」。前代未聞。幽霊が証言台に立つ〜!

けれど、すべての人に幽霊が見えるわけでなく、敏腕検事(中井貴一)は超常現象を信じないカタブツ。人生のどん詰まりに立たされたダメダメ弁護士と421年前に無念の死を迎えた落ち武者幽霊の奇妙な友情。

果たして彼らは無実を証明することが…そして真実を導きだすことができるのか…。


〈Hiromi’s Eye〉

三谷監督作品を観るたびに、三谷監督作品の中に入ってみたいと思ってしまいます。
木の役でも、一秒だけの通行人でも何でもいいので、三谷監督作品の世界に入って、一緒に空気感を肌で感じて楽しみたいと切に思ってしまいます。

ほんとに少ししか出演しない役なのに、すごい方々が沢山登場します。それもみなさん、ものすごく楽しそうに演じていて…。
そうそう、佐藤浩市さんなどは、「ザ・マジックアワー」の村田役で、篠原涼子さんは「THE有頂天ホテル」のヨーコ役のままで登場するんですよ〜!もう三谷ファンにはたまりません。
本当に楽しそう…。

例えが変かもしれないけれど、どんなにすご〜い遊園地より、三谷監督作品の中に入ってみたいと思う私です。

さて、今回の作品は10年以上前に、犬の散歩中に思いついたそうですが、映画の面白さがどこを切っても金太郎飴のように詰まっています。
ホラーも、法廷ミステリーも、コメディも、歴史も、愛も、感動も、沢山たくさん山盛りです。

そして、どこを思い出しても何だか愛を込めて笑っちゃいます。そして、感動しちゃいます。
あー、三谷監督は、本当に天才です。
映画を観終わって、思い出し笑いができて、感動が覚めやらないって、すごいことですよね。

ほんとに監督は、映画のすみのすみのすみまでこだわって、私たちを楽しませようとしています。(落ち武者の幽霊が出た旅館の壁に、確か「落ち武者祭り」というポスター(?)が貼ってあって、すごく気になってます…)

というわけで、なんだか、ものすごくほめまくってしまいましたが本当に大好きな作品です。

今回のこの作品は、笑って、笑って、笑って、泣いて、笑って…
生きている人間はもちろん、落ち武者幽霊六兵衛さんのように、幽霊のみなさんもきっと,心を癒してもらえるのではないでしょうか…。

それにしても、深津絵里さんは、なんてかわいいのでしょう♪

あっ、これからご覧になる方は、え〜!そんなに面白いんだ〜!と力まず、自然体で観にいってくださいね。


〈みどころ〉

  • ダメ弁護士役の深津絵里さんが、スッピンのようで、髪ボサボサなのに、本当にかわいい。
  • 西田敏行さん扮する落ち武者幽霊、六兵衛さんの顔がどんどん優しくなっていきます。この六兵衛さんの成仏できない思いもみどころです。
  • 幽霊の証明写真の撮り方。
  • 幽霊が見える人と見えない人、そして、見えているのに見えないふりをしている人の違いが面白いです。
  • 主題歌「ONCE IN A BLUE MOON」を深津絵里さんと西田敏行さんのデュエットがステキ。
  • 幽霊がどうやって、法廷で証人になるのか、深津絵里さんと西田敏行さんの掛け合いが最高です。特に公園でのシーンが感動。
  • 浅野忠信さん扮する歴史学者と六兵衛さんの関わりに感動。
  • ラストシーンは涙大会でした。
    ほかにもたくさん

〈お気に入り〉

  • 生瀬さん扮するタクシーの運転手。
  • 中井貴一さん扮する検事と犬のやりとり。
  • 阿部寛さん扮する弁護士のボス。
  • エンドロール最高

監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、中井貴一、草彅剛、市村正親、小日向文世、小林隆、KAN、木下隆行、山本亘、山本耕史、戸田恵子、浅野和之、生瀬勝久、梶原善、阿南
音楽:荻野清子
製作年:2011年
製作国:日本
日本公開:2011年10月29日
配給: 東宝
上映時間:142分

▼予告編