テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ
パーソナリティー斉藤洋美が大ベストセラーコミックの実写版『テルマエ・ロマエ』を紹介。

(C) 2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会


〈ストーリー〉

大ベストセラーコミック「テルマエ・ロマエ」が実写版で映画になりました。

古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)が行き詰まっていた時、ひょんなことで、現代の日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。

そこにいたのは「平たい顔族(=日本人)」の面々(上戸彩、笹野高史etc)で…その平たい顔族がつかっている銭湯のその日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは、古代ローマに戻って、そのアイデアを使って風呂を設計し大ブレーク!

そして、またまた日本のいろいろな浴場にひょんなことでタイムスリップしては、ローマ帝国へと…行ったり来たり、行ったり来たり・・・と、

奇想天外な時空を超えた入浴スペクタルコメディ。


〈Hiromi’s Eye〉

お風呂って大事〜!心をこんなに癒してくれるんですね。
日本のお風呂文化がローマ帝国の政治にまでつながるなんて・・・!
改めて日本の銭湯、温泉、家のお風呂、などなど、お風呂文化の素晴らしさを大笑いしながら、ローマ人によって、再認識させてもらえる、深〜いコメディです。
世界中にお風呂文化を広めたら、戦いがへるかも・・・です。


〈みどころ〉

主要なローマ人に扮する日本きっての顔の濃い俳優さん…阿部寛さん、市村正親さん、北村一輝さん、宍戸開さん、などなど、皆さんメイクはほとんどなしの素のままでローマ人に馴染んでいるところが、何だかおかしくておかしくて。

そして、ほとんど裸で登場する阿部寛さんの彫刻のような体型。阿部寛さんとは、裸の付き合いをさせてもらったような、みょうな気持ちを感じます。


〈お気に入り〉

平たい顔族(=日本人)の皆さんのお風呂につかっている時の顔、湯上がりの顔が本当に気持ち良さそうで、ほんわかしました〜。
お風呂グッズも見逃せません。


▼声で紹介


監督:武内英樹
脚本:武藤将吾
原作:ヤマザキマリ
出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親
音楽:住友紀人
製作年:2012年
製作国:日本
日本公開:2012年4月28日
配給:東宝
上映時間:108分

▼予告編