2012

2012
(C) 2009 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

「インデペンデンス・デイ」、「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督作品。ジョン・キューザック主演の映画『2012』をパーソナリティー斉藤洋美が紹介。


〈ストーリー〉

2012年12月21日
古代マヤ文明の暦が告げる「世界終末の日」。
あらゆる天変地異に見舞われる、その日まであと3年・・・。

2009年、トップクラスの科学者のチームは、地球が間もなく滅亡に向かっているという事実をつかんでいた・・・。2012年までにできるだけ多くの人類を救出するようにと世界各国のリーダーからの要請を受けていたが、人類すべてが滅亡への一途を辿る運命にあるのは明白な事実だった。

ジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)が子供とアメリカ・ワイオミング州のイエローストーンに旅行中、偶然干し上がった湖底に建てられた巨大な施設を発見する。
そして、政府が隠蔽している秘密を知ってしまう。ジャクソンは自分の家族、自分自身のみを守るために必死で生き残る術を模索しはじめるが、大洪水、大地震、火山の噴火など次々に恐ろしい天災が地球を襲ってくる・・・。

”2012年地球滅亡説”を題材に、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒが、壮大なスケールと驚異の映像で放つSF超大作。(作品資料より)


〈Hiromi’s Eye〉


〈みどころ〉


〈お気に入り〉


原題:2012
監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローザー
出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン
音楽:ハラルド・クローザー、トーマス・ワンダー
製作年:2009年
製作国:アメリカ
日本公開:2009年11月21日
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間:158分

▼予告編